忍者ブログ
~キバれ小鉄。の糞闘記~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

P9100017.jpg ある日それは突然やってきた。

洗濯物を干している私の目の前で、ブゥゥンと低い羽音で飛来。
そのまま我が家のアシナガバチの巣のほうへ。
・・・今のは?
スズメバチ?!?!?
2日前ほどからスズメバチをよく見かけるなぁと思っていた。
でもまさか目的地が我が家のベランダだったとは。
アシナガバチの巣に降り立ったスズメバチは、バチバチバチッ!と火花のような音(人間の耳にはっきり聞こえるほど大きい音)を鳴らしながら、巣の繭を食い破り、中にいた幼虫やサナギを食べ始めた。
スズメバチの襲撃になすすべも無く、呆然と巣に張り付くアシナガたち。
見ると、巣の下には闘いに敗れたアシナガの亡骸が。
2日前に見たときから、すでに襲われていたのかもしれない。
肉団子を抱えて飛ぶ姿も確認していたから。
ネットで調べてみると、このスズメバチはヒメスズメバチと言って、アシナガバチの幼虫・サナギを餌とするらしい。
一番見つかってはいけない相手に見つかってしまった(><)。
一度、見つけた餌場(アシナガバチの巣)には足しげく通い、やがて巣は全滅してしまう。
成虫には見向きもしない。体の大きさが倍近くあるから、闘っても結果は目に見えているけど。
自然は厳しいな、と思うと同時に劇的な展開に興奮。
ヒメスズメバチも子育てに一生懸命なのだ。
やがて丸めた肉団子を持って、飛んでいった。
でもきっと、また襲撃にくるはず。

翌日、巣は全滅してしまったろうか・・・と急いで2階にあがり、窓を開ける。
その瞬間、ぶわぁぁぁと飛び廻るアシナガバチ。
どうやら巣を追われたアシナガたちが窓のサンに非難していたもよう(↑写真:あふたー)。
ぎゃっ、とビックリして窓を閉めると、しばらくしてまた元の場所に戻ってきた。

P9100012.jpg 15匹くらいかな。

巣は完全に放棄してしまったのか、3日経ってもその場所から動かない。
このまま冬までそこに居座る気か・・・?それはちょっと困るしw。
しかし今まで共存してきたので、なるべくなら協力もしてあげたい。
そこで、ネットで見つけたハチの専門家さんにアドバイスをいただく。
秋の終わる前には、みんな居なくなるでしょうとのこと。
働き蜂は近日中に全て寿命で死に、オス蜂と新女王蜂は解散。
オス蜂は違う巣の新女王蜂と交尾後、死ぬ。
交尾を済ませた女王蜂は初冬前に冬眠に入るそう。
この時期、すでにハチたちは巣を守る本能は持っておらず、決して人を刺したりしないとのこと。
(直接掴んだりすると自己防衛で刺されることは当然の行為)
窓のサンに集まっていてもかまわず開け閉めしても大丈夫だそう(でもちょっと怖いね^^;)。
安心して見守ってあげられることが分かりホッとした。

P9090004.jpg ガラス越しに観察。向こうも見てる?w

春からずっと観察していて、同時にアシナガバチの生態を調べたりして、すごく楽しかった。
また、来年もやってきてくれるといいなぁと思う(アシナガ限定で・笑)。

ハチ=刺す。というイメージで近づいただけで敬遠されるハチだけれど、
むやみに刺しにきたりはしないし(理由があるから刺す)、学習能力もあり、益虫の役割も果たす。
正しい対処で、上手く付き合えば、共存は可能だということがよく分かった。
これはネットの受け売りだけど、刺されたら筋肉注射くらいの激痛らしい(個人差はあるだろうけど)。
それなら、ちょっと慣れてる(爆)。
2回目刺されると死ぬ。と言う説をよく聞くけど、全員が全員そうではなく、1~3%のアレルギー体質の人がそうなる可能性もあるとのこと。
もちろん、自分がその1~3%に入るほうかもしれないけど、刺されたことがないので分からない。
2回目だ~!死ぬ~!とパニックになって倒れる人のほうが多いそう。
ということで刺されても冷静に、すぐに病院へ行きましょう。
なるべくなら刺されないのが一番いい^^;
蜂に遭遇したら、目で追うことが肝心(巣の有無を確認)だそう。
すばやく動くものに反応するので、息を止めてジッとしてるのもいいとのこと。
巣を見つけても、むやみに騒がずソォ~っと退散しましょう。

蜂も同じ生き物。
問題のない場所であるなら、むやみに駆除せず見守ってあげませんか。
・・・と、いう優しい気持ちがどうして蚊やゴキブリには持てないのかが不思議(笑)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
田舎では
ミツバチの巣分かれを狙って箱を用意して
蜜を貰います。蜂の子を祖父は食べていた記憶が。
私のお古のスピーカーボックスが気に入って大きな巣を作ってくれた年もありましたけど、
たまにスズメバチがやってきて戦争があったり・・・。ミツバチは結構強いです。団子になってサウナでスズメバチをやっつけますよ〜!
あのガチガチは恐怖です。
母は何度か刺されていますけど、気絶しそうな位痛かったそうです。アシナガさんなんてチク位です。
とにかくスズメバチには注意!です。
あひる URL 2008/09/11(Thu)23:11:50 編集
あひるさん>>
へぇぇぇ(@@)温厚そうなミツバチだけど怒ると怖いんですね。
巣別れのときの集団に遭遇したらビックリするでしょうね。
ハチミツ大好きです~♪
お母様は何度か刺されているんですね><。
たしかにスズメバチに比べたらアシナガバチは可愛いもんかも。
だからこそ巣も容認できたのですよね^^v。
これがスズメバチならちょっと考えますねぇ^^;。種類にもよるけど。
記事の筋肉注射くらいの激痛の話はスズメバチのことなのですが、
多分、太~い針で何本も同時に刺されたぐらい痛いんでしょうねぇ。怖いっす。
情は移さないように注意してましたが、
やはり毎日見ているとちょっとずつ可愛くなってしまってました。
しかし、しょせん違う生き物。
完全に分かり合うことは絶対ないですね。
人は人、ハチはハチ、犬は犬ですよね。
それは忘れないように気をつけたいと思います。
小鉄。 2008/09/12(Fri)09:31:08 編集
[469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/25 飛鳥]
[06/11 小鉄。]
[06/09 いずみん]
[05/20 小鉄。]
[05/19 えすく]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小鉄。
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]